読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

日本人にしか、書けない 遠藤周作

第三の新人で、一番読んだのは、遠藤周作だ。小説もたくさん読み、エッセイもほとんど読んだ。エンタテイメントとしても、サービス精神豊富な、彼の生き方が楽しかった。しかし、今、思ってみると、都市生活を描こうとしていた同世代の作家のなかでは、日本…

ブレイクスルーについて 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」続き

「ジョゼと虎と魚たち」は、田辺聖子の日本の古典、フランスの恋愛小説、おもにサガンの研究が融合した成果だ。そして、隠された若き日の恋愛の苦い体験が底にあるのではないかと思っている。ジョゼの描写に、市松人形のような顔、そして、人形の足のような…

ブレイクスルーについて 田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」前編

私は、若いころ、田辺聖子の愛読者だった。大阪の本屋さんだと、新刊が出るたび、目立ったところに置かれていた作家さんのひとりだ。古典文学にくわしく、おもしろくかいつまんだ現代訳と解説の本を、たくさん出されていたので、愛読していた。(かいつまん…

ムーミン谷の彗星

ムーミン谷の彗星 (講談社文庫) 作者: トーベ・ヤンソン,Tove Jansson,下村隆一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1978/10/27 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 66回 この商品を含むブログ (41件) を見る ムーミン展にいって、是非読んでみたいなあと思っ…

人の本棚はおもしろい

色んな人が本棚をさらしてるので、やってみます。人の家に遊びにいくと、本棚、見るのって楽しみです。地図の多い家は旅行好きなんだと思うし、スポーツマンの人が、複雑な本をもっていて、この人は、鈍感をよそおっているのだと感じたりします。なりたい自…

怖がらずに読んでみる「スカートの下の劇場」

社会学者 上野千鶴子さんの初期の本です。フェミニズムは、この本が書かかれたころより、当たり前になっていると思います。しかしながら、男が悪いから、女は不幸なんだといういいわけに、相変わらず、間違って使われていると思います。私からからみると、男…

どんなに時代が変わっても人はかわらない

まあ、ここんとこ読んだ本の感想なんですけどね。まず、迫害された江戸時代の浄土真宗の信仰について書かれた本です。江戸時代、鹿児島では、浄土真宗は禁止されていたようです。それは、米もとれない貧しい生活の中、親鸞のおしえを中心に平等をといた浄土…

 商店街は楽しい。「米国人一家、日本を食べ尽くす」

米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす 作者: マシュー・アムスター=バートン,関根光宏 出版社/メーカー: エクスナレッジ 発売日: 2014/06/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る ベストセラーになった「英国人一家、日本を食べる」のコバ…

私は太宰治が読めない

村上春樹のエッセイ「村上ラヂオ」で、あったかい子犬をだいた気分になると、写真に写るのがこわくないという話がある。明恵上人の犬を見ながら、私は、考えていた。あったかい子犬とは何か。たぶん、そのエッセイのなかに、彼が太宰治がきらいだという話も…

 言えること 言えないこと

アメリカの緊急電話119に、宅配ピザをくださいとのある女性からのいたずら電話がかかって来て、それをとった係の人が、これは、何かあると感じて、警官を派遣したところ、DV被害の真っ最中だったということを、ネットで読んだ。こういったいたずら電話を…

「シャバはつらいよ」 「困っているひと」その後

大野更紗さんの本、「困ってるひと」を初めて読んだとき、難病の人が、感情を持ち、考えていることに、びっくりしてしまった。今は情報が過多の時代で、人は見たいものしか見ないと生きていけない。その中で私にとっては、生きるのに必死で、保護されるべき…

最近読んだ本 人にきちんと知らせることの大切さ

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書) 作者: 春日太一 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/09/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る 「なぜ時代劇は滅びるのか」春日太一 この本でも取り上げられている、「雲霧仁左衛門」が、古い脚本で、…

「ゴジラとナウシカ」

『「ゴジラとナウシカ」 海の彼方より訪れしものたち』赤坂憲雄 イーストプレス ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち 作者: 赤坂憲雄 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2014/08/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 主に、東…

さよならオレンジ 言葉の力

さようなら、オレンジ (単行本) 作者: 岩城けい 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/08/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (29件) を見る 「子連れ狼」の原作者の小池一夫さんが、週刊現代の中で、心に残った10冊という文章で、最近の作品と…

旅先で読んでた本

飲み食い世界一の大阪 そして神戸。なのにあなたは京都へゆくの 作者: 江弘毅 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2012/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る ちょっくら、関西の方へ、お墓参りやら、主人の両親訪問や…

本好きへの100の質問、やってみました。

「本好きでの100の質問」http://www.geocites.jp/bookend1185/book100.html ご縁を感じたので、暑気払いに答えてみますね。印象に残ったところだけで、全部は答えてません。 まず、001 本が好きなのは、 たぶん、好奇心が強いからだと思います。人の考え…

最近読んだ本 昔の日本について考えてみる

暑いですね。夏の盛りです。でも、ツクツクボウシが、鳴き出したようなので、夏は、 あと少しです。さて、この夏、読んだ本です。 サンカの民と被差別の世界 ――隠された日本 中国・関東 (ちくま文庫) 作者: 五木寛之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014…

花子とアンの時代、『「パンとペン」社会主義者・堺利彦と「売文社」』の闘い』

最近、朝ドラの「花子とアン」に、はまっています。以前から、読もうと思って、挫折していた、黒岩比佐子著 「パンとペン」を、読みました。堺利彦は、明治三年生まれで、昭和八年に亡くなった、文学者であり、社会主義者である人です。この人は、無類の世話…

人間らしく、生きて行く 「消費をやめる」銭湯経済のすすめ 平川克美

「消費をやめる」銭湯経済のすすめ 平川克美 銭湯と聞いて、読んでみました。私は、銭湯について、色々な思いがあります。そのひとつに、かつて、小学校の同窓会にいったとき、俺さ、銭湯で、世の中について、学んだよなっていう話が、同級生から、ありまし…

ありふれているけれど、本質的な問題「アンナ・カレーニナ」

アンナ・カレーニナ〈上〉 (新潮文庫) 作者: トルストイ,木村浩 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1998/03 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (111件) を見る 私が、好きな小説に、トルストイの「アンナ・カレーニナ」がある。…

時には、おおらかに「禁断のレシピ」

「禁断のレシピ」多賀正子 枝元なほみ NHK出版 ネットで、気になっていたら、新聞に、枝元なほみさんが、この料理本を書かれた理由を語られており、それが、面白くて、読みました。高カロリーで、油やお砂糖をたっぷり使った、お料理を紹介した本です。書店…

自分の中の自然を考える「内蔵とこころ」

「内蔵とこころ」 三木成夫 河出文庫 解剖学者で、東京芸大の教授だった、三木成夫さんの、保育大学での講演をまとめた本。子育て本のひとつして、読まれているらしい。子育てが終わった、私が、読んでもなあと、思ったけれど、読んでよかったです。よく、頭…

ふるさと大阪を考える 2

続きです。大阪について考えると、私が、かつて読んだ、司馬遼太郎の歴史ものを思い出します。彼は、坂本龍馬を、人々に発見させたように、歴史に埋もれた人物や、出来事を教えてくれた人だと、思っています。初期は、大阪の歴史について小説を、色々と書か…

ふるさと大阪を考える 1

私が、よく見ているサイトにこういうのがある。 十三のいま昔を歩こう 梅田に遊びに行き、淀川から、帰り、夕焼けを眺めながら、阪急京都線の鉄橋を渡ると、十三である。とても、美しい風景だ。そして、なぜ、十三という呼び名であるのか、永年、知りたかっ…

最近読んだ本 5 さまよい歩くこと 言葉を与えること

「みちくさの名前」 吉本由美 NHK出版 以前、ほぼ日に連載されていた、スタイリストの吉本由美さんの連載をまとめたもの。かつて、ご近所を散歩していると、よく、こういった道ばたの草を、眺めていたのですね。この辺りも、まだ、緑がいっぱいでした。まだ…

ケストナーへの思い

ツヴァイクが、ウィーンのユダヤ人であり、著書をナチスに焼かれた作家であることを知り、ケストナーについて、書いてみたくなった。ケストナーは私の大好きな作家の一人だ。トリヤーの挿絵もあって、とても好きだったので、図書館とかで、全集を読んだ。自…

ずっと、行きたかった宮島に行ってきました 1

週末、ホテルの割引券をいただいたこともあり、これも、ご縁だと思い、広島は宮島に行ってきました。まず、呉市に行ってきました。 広島駅から、在来線に乗ります。 呉の駅から見た線路。起伏のある地形です。 大和ミュージアムへ行きました。大和という船に…

またまた、読んでしまいました。英国一家ますます日本を食べる

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ) 作者: マイケル・ブース,寺西のぶ子 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2014/05/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る ここでも書いた、本の続…

海街diary

吉田秋生の海街diaryが、「そして、父になる」の是枝裕和監督で、映画化されるらしい。 コミックナタリー - 吉田秋生「海街diary」是枝裕和監督により実写映画化 この三姉妹の生き様を描いた原作を読んだとき、鎌倉という土地で描かれた家族の物語が、とても…

沈黙 語られないことの豊かさ。

私には、学生のころからの友人がいる。その友人が、2、3年前に、広島、呉の大和ミュージアムに行ったと聞いて、不思議に思った。おしゃれが好きで、食べるのが好きな彼女には、かけ離れていたからだ。で、聞いてみると、軍人だったおじさんが、戦死したの…

手芸本やら実用書 あれこれ放浪記 2

さて、続きです。私は、子どもの頃から、へたくそなりに、手芸が趣味です。まあ、最近、やっとこさ、靴下を編めるようになったぐらいなので、たいしたことないです。その中でこれは、おもしろいと思った本について、書きます。 「ビーズアクセサリー」「ビー…

料理本やら実用書 あれこれ 放浪記 1

実用書って、面白い。日々、進化している分野だと思う。図書館なんぞで、昔の実用書を、眺めると、ちょっと、びっくりする。説明が、抽象的なのだ。思うに、昔は技術は、人から人に伝えるもので、本は参考だったからだと思う。それが、画期的にわかりやすく…

メロンソーダの誘惑

高校生のとき、メロンソーダに凝っていたことがある。高校は、中学の皆が、あまりこない、電車で30分ぐらいの高校に通った。駅前に住んでいるのにもかかわらず、わざわざ別の路線の駅まで、自転車で10分、電車で30分だった。 勉強はついていけなかった…

最近読んだ本 4 心について、ぼんやり、考えてみる

あわいの力 「心の時代」の次を生きる (シリーズ 22世紀を生きる) 作者: 安田登 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2013/12/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 「あわいの力」 安田登 心って、言葉がないときは、なかったらしい。そん…

中国行きのスロウボート 私の中の村上春樹

新しい、村上春樹の短編集女のいない男たちがでましたね。文芸春秋に連載の2編を読んで、楽しみにしていました。これから、じっくりと読むつもりです。さて、このごろ、なんだか、もやっと、感じていることがあります。 村上春樹の数ある短編の中では、「沈…

最近、読んだ本 詩について考えてみる

「かないくん」谷川俊太郎 松本大洋 子供の頃、夏休みがすぎると、いなくなる人がいた。小学生は大人の枠の中で過ごしているのである。また、子供なので、深く付き合うには体力がない。記憶だって、そんなに続かない。それゆえ、他者と自分が曖昧だ。それ故…

 最近読んだ本 映画本なぞを

「仲代達矢が語る 日本映画黄金時代」春日太一 「あかんやつら」が、面白くて、読んでみました。 http://oohaman5656blog/hatenablog/entory/2014/01/30/193730 仲代達矢、顔が恐くて、芝居が、暑苦しくて、嫌いでした。最近、「いのちぼうにふろう」とか、…

最近読んだ本3

西洋美術史入門 ちくまプリマー新書 池上英洋 とてもよくまとめられた入門書。断片的知識でしか、知らなかったので、とても、勉強になった。識字率の低い時代の絵解きとしての絵画の知識はなかったので、そのあたりが、 一番、面白かったかな。参考図書も興…

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 春日太一

いやあ、おもろかった。語り口に酔わされました。私は東映の映画は、ほとんど見てないので、ついていけるのかと思ったけれど、私のすぐ、隣合わせににある世界、男の世界の滑稽さを描いたもので、興味深かった。女の私から、どうよという、エピソードも多い…

 知恵て、なんだろう。 『日本人のくらしと文化』宮本常一

日本人のくらしと文化 宮本常一 初、宮本常一本。やっとこさ、読んだ。この前、神田で本を眺めていたら、山本周五郎と一緒に監修している本があって。宮本常一、読んでみようと思った。 山本周五郎の「日本婦道記」って、本は江戸時代の女の人の感情が描かれ…

雑誌を読んで感じたあれこれ。

「CREA」一月号 年に一回でる、映画特集。たまに、読んでましたね。アラサー向けの雑誌なので無理がありますが。大根仁と清水ミチコの対談おもしろそうと思って、読みました。大根仁が「プラダを着た悪魔」と「バーレスク」が好きと言っていたのはうれしかっ…

骸骨ビルの庭 宮本輝

秋の夜長は読書とブログ 骸骨ビルは大阪の十三にある。その場所は淀川沿いのかつてのラブホテル街がモデルだ。そこはかつて、十三の渡しというものがあったらしい。阪急電車で夕方、河を渡る時、いつも物悲しい気分にさせられ、目を背けたくなるけど、見てし…

落合博満 戦士の休息

中日の監督だった、落合博満がジプリの雑誌 『熱風』に連載した、映画についてのエッセイです。『熱風』って、この間、宮崎駿が脱原発について、語っていた雑誌らしいです。有名書店にただでチョコとおいてあるものなのですが、これが、執筆者がやたら豪華み…

八月に読んだ本

先月、読んでいた本 大江戸歌舞伎はこんなもの (ちくま文庫) 江戸歌舞伎は朝からはじまって、夕方終わる。娯楽って、ほんとに特別なものだったのだ。目から、うろこのことが見えるから、橋本治、おもしろいです。 どんぐり姉妹 (新潮文庫)いつもの、定番のお…