oohama5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

フランス革命を生き延びた男 ツバイク 「 ジェゼフ・フーシェ 」

 映画「グランドブダペストホテル」が、ウィーンで生まれ育ったツバイクの人生を モデルにしたと知って、彼の小説を読んでみた。以前から、池田理代子さんが、ツバイクの「マリーアントワネット」を「ベルサイユのばら」の参考にされていたので、読んでみたいと思っていた。「ジョゼフ・フーシェ」も、かつて、司馬遼太郎の本に引用されていたので、興味があった。しかし、フランス革命を生き抜き、ナポレオンに仕え、裏切った男の話である。こんな気持ちの悪い男の話はなあと思っていたが、読んでみると、なんと、普通のよき夫、父でもある人であろうと、共感を感じた。フランス革命後、失脚して、貧乏をした彼が、幼い子どもたちを無くした事、そして、ナポレオンの戦争に反対したときの夫人の命がけの献身は、深く同情を感じた。もちろん、ツバイクの書き方がうまいのである。それでいながら、優秀ではあるが、子供の頃から、修道院で苦労し、子供たちを教える貧乏な教師だった男を、こんなにもしたたかで、薄気味悪い政治家にした、フランス革命のものすごさを知った。

 フランス革命と、そして、その後をまとめた英雄ナポレオンの起こした戦争で死んだ人は、100万人以上だったらしい。それが、たった15年ぐらいで起こったのを知ったのは、驚きだった。フランス革命って、そんなにもひどく人々の運命を変えたものなのだ。だいたいフーシェ自体も、独身の貧乏な修道士から、億万長者で、ナポレオンと渡り合う警務大臣オルトラント公爵になる。彼は、ロベスペエールや、ナポレオンと戦い、ナポレオンの妻、ジョゼフィーヌまでに情報を提供させるスパイ網をつくり、ついでに、大金をもせしめる。しかし、一方では国を憂える愛国の政治家であるのだ。

 私が読んで感じたのだが、彼には二つの転機があるように思った。ひとつは、ロベスペールの妹の恋人になり、その結婚をロベースピエールにじゃまされたことだ。苦労しすぎて、ひねくれたところが嫌われたのだと思う。そこで、それまでの彼の賛美者にすぎなかったフーシェは、ひとりの政治家として一本立ちしたのだ。そして、もうひとつは、リヨンで、革命に反対かもしれない人々の大量虐殺を指示したことだ。それは、革命の正義にかられ、そして、死への恐怖にかられて行ったことのようだ。そのことが、フーシェの人生に、一生影としてつきまとっていたように思う。だから、彼は、政治をもてあそび、陰謀をめぐらすことを選んだのだと思う。こんな彼だが、結果として、血塗られたナポレオンの戦争を止めることに貢献したことは、まちがいない。

 私は、フランス革命はほとんど知らなかったけど、この小説は夢中になって読めた。それは、たとえば、タレーランとは、どんな人かといった説明がとても分かりやすく書かれていて、知識がなくても、その人が浮かびあがったからだ。また、フーシェの平凡なところ、良きところがきちんと描かれていて、彼の悪も私たちとかわらない愚かさからでていることが、納得できる、面白い歴史小説だった。ドイツ語の翻訳も、2011年に秋山英夫さんによって、改訂されて、より現代的になっていて、うれしい。フランス革命とは、フランス人とは、ヨーロッパとはと、好奇心をかき立てられる、小説だ。人々に読みつがれていくと思う。

 

ジョゼフ・フーシェ―ある政治的人間の肖像 (岩波文庫 赤 437-4)

ジョゼフ・フーシェ―ある政治的人間の肖像 (岩波文庫 赤 437-4)

 

 

 

 コメディの形でツバイク自身にせまった映画です。