読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

年末はそれなりに忙しいのだった

 ご無沙汰しております。年賀状に添える言葉ではないけれど、それなりにやってます。年間のベストな映画について、書こうと思ったり、どうやら、はてなで話題になっているちかんについて、書こうと思ったり、見にいった「寄生獣」について書こうと思ったりしているうちに、ネタがたまって書けなくなってしまいました。さておいて、寄生獣についての私の息子さんたちの仲間の感想は、染谷将太って、誰?でありました。映画オタやらが、知っていても、ほとんどの若者は知らなかった。テレビのバラエティや恋愛ドラマの主役ででないから。まして、寄生獣ファンのマンガのオタさんたちは、日本の映画をほとんど見ないし、バカにしてるので、あれって言うことみたいです。

 彼らは、攻殻機動隊とかのアニメとか、アイアンマンとかしか、みないです。だから、そんな、かたよった、もろもろの趣味の人々に見てもらうために、なんだか、とてつもない努力が必要とされているようです。たとえば、たくさんの予算を使った「バンクーバーの朝日」に出てた妻夫木聡とか、へろへろになるまで、宣伝でバラエティでなくてはならないのでしょう。私は、バラエティの寒い冬の京都のロケで、勝地涼が、切れて暴言を吐いているのみて、思わずチャンネルを変えてしまいました。なるほど、主役は、福山雅治ばかりになる訳だ。東京ドームをいっぱいにできる人ですもんね。安心です。

 かつて、映画の主役は、緒形拳か、高倉健という時代がありました。娯楽が少ない時代だったのもあり、大スターだったのもあります。しかし、ふたりとも、努力を信じられる時代の人だったのです。福山は、彼らほど、熱くも義理堅くもないので、そんなには、映画に出てませんが。なににしろ、人は、思ったほど、人の努力やら、主張には、興味がない。それが、現実であります。他人は、自分には、興味がないのです。だからこそ、家族の縁を大切にすることが、いいことなのです。クリスマスや、お正月は、どんな立場のひとも大切されるべきだというイベントなのだと思います。

 しかしながら、家族の縁だって、相性という運と、たゆまない努力の両方が無いと、うまくいかないのが現実です。だからこそ、ほとんどムダだと思いながら、海岸で砂のお城を造り、貝殻を拾って、海を感じながら、海という異界に呼ばれるまで、生きていこうと思ってます。まあ、そんな年末であります。

f:id:oohaman5656:20140726112513j:plain

 

少しづつですが、時は動いてますね。