読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

本好きへの100の質問、やってみました。

「本好きでの100の質問」http://www.geocites.jp/bookend1185/book100.html

ご縁を感じたので、暑気払いに答えてみますね。印象に残ったところだけで、全部は答えてません。

まず、001

本が好きなのは、 たぶん、好奇心が強いからだと思います。人の考えてることが、不思議なもので。

002

 子どもの頃、最初に読んでうれしかったのは、古事記です。幼稚園の通販で、買ってもらった子ども向けのもの。絵が綺麗でした。挿絵の夕日の絵が忘れられないです。だいたい、挿絵がきれいなものが好きだったです。

003

 初めて、買った本は、漫画でドラえもんです。活字は、親が忙しかったので、泊まり歩いた、親戚の家の本棚の本を読ませてもらったり、余っているのを、もらったりしていました。あと、ピアノ教室の先生のところに、一杯あった本を、読ませてもらったりしました。ケストナー全集は、そこで読みました。結局、ピアノうまくなれなかったけど、感謝しています。あと、公民館で、読みました。確か、山岡荘八徳川家康全巻、話は、最初だけ面白くて、つまんなかった。だから、本は、買うものではなく、天から落ちてくるような感覚があります。

007 

ブログにも書きましたが、「伊勢参りの犬」です。

010

活字中毒、ひどいです。出かけるときは、必ず、本を持っているか、途中で、買います。時間が空いたら、必ず本を読んでますね。かつては、朝は新聞を読んで、低血圧を落ち着かせてから、始動してました。

011

今は、読むのは、遅いので、7、8冊じゃないでしょうか。

021

だぶって買ったのは、村上春樹の、シドニーです。新刊、中古、文庫ってもってました。買ってないと思ったら、買っていました。野球のくだりが好きです。一冊を残して、人に譲りました。

033

橋本治の「巡礼」です。私にとって、とても、大切な本です。

034

最近だと、白州正子の「西行」です。毎日、持ち歩いている時期がありました。いっしょに、放浪している気分になれました。

035

 お気に入りの作家は、村上春樹、「風の歌を聴け」を読んだとき、同じようなむなしさを感じている人がいるのだと感じました。あこがれていた、いとこたちと同世代でもありました。

 「桃尻むすめ」は、衝撃でした。橋本治は、古典にくわしいのも、嬉しかったです。エッセイでは、「貞女への道」が、好きです。

 よしもとばなな、子育てしはじめて、読み出しました。「アムリタ」です。なんだか、読んだ頃、結構怖い体験をしました。

 ジェーン・オースティンは、人生っておかしいなあと、思い始めた子育て中、読みました。「自負と偏見」そして、最後に書かれた、「説得」です。婿取り話の下世話さが、好きです。

 ケストナー、矛盾に満ちた、信念の人。ユーモアがいっぱいの「点子ちゃんとアントン」が好きです。そして、宮沢賢治。純粋すぎて、怖い人。「ケッペルと象」、そして、「風の又三郎」。

036

シリーズものでは、 シャーロック・ホームズ。何度、読んでもあきない。大好きです。だから、カンバーバッチは好きだけど、あのドラマは見れません。あのころのロンドンに行ってみたい。

 

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

 

 

055,056

漫画、好きです。手塚治虫どろろ」、永井豪デビルマン」、水木しげる「げげげの鬼太郎」、萩尾望都ポーの一族」、最近だと、羽海野チカ「はちみつとクローバー」です。ん、妖怪物が、多い。

079

 宮沢賢治です。生き方が詩人です。なんだかんだと、詩や歌は、好きです。

083

 親戚やら、家族で、本を、たくさん読んでいるのは、私ぐらいです。昔も今も、本を読んでいる人は、一定数でしかないと思います。それで、いいと思っています。ただ、必要な書類とかを、読み取る力は、落ちてるように感じます。

100

読んでて、何かを得られたかと言われれば、たいしたことはありません。色々と、経験するチャンスを奪っているかもしれない。でも、読んでて、人生が、少し、賑やかになったんじゃないかなあと思っています。って、感じでしょうか。たぶん、本が無い生活って、想像出来ないです。

 ざっと、こんな、感じです。面白い試み、楽しかったです。