oohama5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

恋愛と生活「ボクたちのBL論」サンキュータツオ 春日太一

 よしながふみを読むようになってから、BLをちらっと読むようになった。今、マンガの世界では一番活気があるジャンルじゃないかな。ドラマチックな歴史解釈がある、よしながふみ、テレビ界のでたらめなお祭り気分を知った「東京心中」、ヤクザの情念に踏み込んだ、ヨネダコウ、すごく自由な分野になってる。で、キモは性愛まで踏み込んだ恋愛の情念の世界でしょう。

 そこを男性として面白がってる、ふたりのけっこう生真面目な討論本。この度、めでたく文庫になって、気になっていた、アニメ「リズと青い鳥」、ドラマ「おっさんずラブ」にまで語っているというので読んでみた。正直、こまかい男性の性への戸惑いとか恋愛感とかわからん、恋愛好きな方々なんだな。あらためて、私はめんどくさがりなんだなと思った。

 ただ、「響け!ユーフォニアム」、「聲の形」でアニメ史に残るなって確信した山田尚子監督の「リズと青い鳥」、ご縁があれば見たいなあと、改めて思ったし。面白かったのは、いま、はやっている「おっさんずラヴ」には乗れんかったっていう話ですね。そこは、二人と一緒かな。そうなんですよね。一度見ましたが、よくはできてる、田中圭はいい役者だなあ。がんばってほしいで終わってしまった。恋愛の楽しいところだけをエンターテイメントした、恋愛ドラマの高度なパロディーなわけで。そういえば、トレンディドラマあかんかったわと改めて思い出した。私は野暮天だ。これはゲイとかは関係ないらしい。その方々も好きか興味ないかに分かれたらしい。

 しかし、私は、情念の世界のドラマチックは大好きなわけで、おすすめされていた水城せとなのBLの傑作「窮鼠はチーズの夢を見る」は読みました。最近、彼女は石原さとみでドラマ化された「失恋ショコラティエ」の作者ですな。これは恐ろしい恋愛ものの狂気の漫画だった。

 この本のなかで水城せとな松本清張の対談が読みたいと春日太一さんが言っていたが納得だ。私も松本清張はけっこう読んだが、彼女もどうしてこんな執念深いストーカーみたいな話なのか、怖くて読んでしまう世界なんですね。

 私はこの漫画は、子供を持ち、家庭を持つという幸せより、情念のファンタジーの世界にとどまる芸術への誘惑、エロスにおぼれるということの覚悟の話にも読めたな。それは語り手のふたりの生き方にも通づることで、アートにたずさわるって、厄介なことだなあと思ったよ。

 

 

 

窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)

窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)