読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

最近読んだ本 考えること、感じること

「負けない力」橋本治

 たぶん、この本は総理大臣は読まないだろうなって、冗談をいいながら、橋本治が、負けないことついて語った本です。負けないとはなんなのか、教養主義とは、知性とは相変わらずわかりにくいグネグネした文章です。その中で、ぱっと、日本人は正解は外にあるという癖があるけど、答えは自分のなかにあると書いている文章なんかが浮かび上がってはっとさせられます。体調を崩されていたので、心配していましたが、いつもの橋本節でほっとしました。本の中で、あんた、わかりやすい答えがほしいって思ってんじゃないよってつぶやかれている気持ちがします。けれど、あのややこしい文章は、いつも一緒にかんがえようという、橋本治の情のあつい親切を感じます。頭をほぐさせてもらいました。橋本治に出会えて良かったとしみじみ感じる一冊です。

 

負けない力

負けない力

 

 

「はじめての福島学

 福島について、だいたいはこんな感じがかなっと、漠然と感じていたのですが、きちんと、社会学的な聞き取りとかデータで、こんせつ丁寧に説明されているので、ありがたいです。農業のこと、漁業のこと、今でも困っていること、そして、福島の問題は、元々は、日本の田舎の問題であることが書かれています。それゆえに今回の原発で、問題が表面化して、福島が得したこともきちんと書かれていて、いさぎよい本です。福島の出身のご主人をもつ友人がいて、先日あったとき、私は福島から送られたおいしいお米を食べてるのって言ってくれて、嬉しかったです。ご夫婦は原発のときは、怖いからと福島に一年ほど帰らなかったりしたのです。彼女は、赤塚不二夫をリアルタイムで読んだ感動とか、太宰治のすばらしさを話してくれたりする人で、決してわからずやではないです。私の中にもあった、おおげさで恐怖をあおった言葉を消していくのは、こういった地道な努力なんだなあとしみじみ感じる本でした。

 

はじめての福島学

はじめての福島学