oohama5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

夏のころもがえ

今週のお題「夏支度」

 萩尾望都の初期の漫画に「小夜の縫うゆかた」という短編がある。14歳の少女が初めてゆかたを縫い上げるのを幻想的に描いた作品だ。初夏の夏葉がのびるようなさわやかさ、少女がおとなになっていく喜びが歌い上げられ、いたく、心に残った。夏の夜のお祭りのあやしくも激しい空気をいろどるゆかたを縫う。それは、生々しくも美しかった。このジメジメした梅雨の時期、夏の衣類をととのえることは、来るきびしい暑さをうけとめる女の喜びだと思う。新しいサンダルや夏帽子、涼しげなブラウスやちょっとよそいきのワンピース、そういったものをそろえる。時代はかわっても、夏のきびしさは変わらない。そういったつらさを夏支度をする少女で肯定したこの作品を、いつもこの季節に思い出す。

 

半神 自選短編作品集 萩尾望都Perfect Selection 9 (フラワーコミックススペシャル)

半神 自選短編作品集 萩尾望都Perfect Selection 9 (フラワーコミックススペシャル)

 

 

 

oohaman5656.hatenablog.com