読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

回路がつながる マグリット展

 マグリット展行ってきました。いつも東京は遠いとのいいわけで、保留していたんですけど、先日、3ヶ月前とっておいたチラシを見て、ひっかかりを思い出して行ってきました。で、実物と出会うよろこびにひたりました。まず、マグリットが最初から抽象画で出発したのが、新鮮でした。ヨーロッパの絵描きさんはアカデミックな古典がからはじまっているという思いこみがあったからです。商業美術から転向した人なんですね。あと、いわゆるメディアでよく紹介される代表作が私も存在した、1960年代のものが多いっていうのも初めて知りました。例の鳩とかです。若い頃のどろどろのした絵もいいですが、屈折していて、好みを選ぶもんだと思います。それが、明確で、わかりやすい絵に進化したのは、面白いです。街灯に照らされた街の背景に明るい青空が広がっている絵があって、夜も昼間も好きだからという彼の言葉がありました。両方書きたかったから書いたのでしょう。そういう、子供のような無邪気さがわかりやすい。晩年、観念でなく、感性で描く絵に変わっていった彼の絵の歴史をみれてよかったです。

 今回、はじめて、国立新美術館いってみました。乃木坂から、すぐなんで、驚きました。六本木にあるという思い込みがあったので。六本木と乃木坂がつながった。地図とかではわかってみても、体験することで、納得できます。私は、散歩が好きなんですけど、辻ひとつで、別世界につながるような感覚がいいのです。絵をみることも、歩くことも、楽しかったです。

 

oohaman5656.hatenablog.com