読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

自分のブログを読みますか。

日々の思い

 私は、最近、自分のブログを読むのが楽しい。しばらく前の記事を読むと、こんなふうなことを考えてたんだと、面白い。私は自分好きなんだなと知って、驚いた。いや、驚いてないか、そうとは知ってたけれど、まるで、明石家さんまではないですか。だから、このごろ、日記もかけるんじゃないかと、思っている。なかで、いくらでも、プライバシーや、愚痴や、罵倒が書けるではないか。しかしながら、このブログが続いているのは、誰かが共感してくれているという淡い幻想と、ギリギリのところで自分に酔うことを踏みとどまる快感かもしれない。かつて、なんどか日記を書いているころ、愚痴や感情に流されて、書くのも、あとで読み返すのも面倒になって、すぐ止めてしまっていた。確かに、ブログは、誰かがどこかで読んでいる可能性があるので、うっかりした事は書けない。表に出して表現する事は、誰かを傷つけたり、機嫌をそこねたりする。しかし、それ故に、私にとっても、楽しめるのである。相手のことを少しは思いやった、もうひとりの自分だからだ。自分にツッコミをいれながら、自分の文章を読むのは、苦痛だった。まして、書き続けるネタも思いつけなくなる。日記とは、秘密のことを書き続けることではなく、もうひとりの自分に語りかけることなのだ。

 人間的に未熟だったと思う。しかし、心の中で神様を想定して書き続ける事は大変である。プロの書き手でも、奥さんや家族に喜んでもらいたいとか、編集者に励まされて、そして、注文があってこそ、書き続けるのだ。もし、日記を書くとしたら、私の中の強いなにかが現れたときだと思う。そのときは、前より、経験をつんだので、感情にながされない話は書けるかと思う。まあ、その前にもういいやって、へたれて、書く事自体をやめてしまうかもしれないですが。それは、それだけのことだ。今、この文をブログのおかげで、楽しんで書いてます。それで、充分だ。隅っこの片隅で、ぶつくさ言ってます。お許しください。

f:id:oohaman5656:20130414103323j:plain

 

どんなに時代が変わっても人はかわらない - oohaman5656's blog