読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

結婚式はあげたほうがいい

 それは、人間は弱いもんだからです。結婚っていうのは、とても、がまんがいるものだからです。まわりの人に持ち上げてもらわないと、とても、続かない。結婚式はあげない、でない、村上春樹の本を読んでるくせに、なんてこったとお思いでしょう。しかし、「ノルウェーの森」を読んでいただきたい。ヒロインのひとり、ミドリさんの死にいく、お父さんとワタナベくんは、みどりさんより先に、親密な関係になるのである。それは、家族のすることをなしたためなのである。私には、このふたりは、結ばれるのだと感じた。これは、村上春樹の実体験をある程度、ふまえていると思う。彼も似たようなことが、多々あって、そうして、奥様と結ばれたのだ思う。

 結婚式というのは、そういったかっこ悪いことを、お互いに許す準備としておこなうには、なかなか、便利なシステムだと思う。ワタナベは、ミドリを運命の人として、感じるまでになって、彼女の父にやさしくできたのである。彼のように深い相手を求めざるえない人でなければ、普通はめんどくさくなる。たいていの人はまわりがお膳立てしてやっとこさ、助け合って、生きて行かなければならないことを納得する。まあ、ご親族がきらいであるかたもおられよう、儀式ぎらいの方もいる。しかしながら、数人の簡単なお食事会をするなり、平服で、神さんなりキリストさんなりに、ご挨拶するとか、記念の温泉旅行をするとか、なにか、目印があるほうがいいと思う。人間は、弱いものだと自覚のある人は、なにかしら、人は助けると思う。我ながら、おばはんくさいことを書いています。でも、まあ、言ってもいいよね。

f:id:oohaman5656:20140518130704j:plain