読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

漫画の映画化って、どう思います?「るろうに剣心 伝説の最後編」

 

 

るろうに剣心 全14巻セット (集英社文庫―コミック版)

るろうに剣心 全14巻セット (集英社文庫―コミック版)

 

 

 一作目の「るろうに剣心」を見にいったのは、和月伸宏の絵が可笑し食って、好きだからだ。あのキテレツなキャラたちがが、衣装とメイクのちからで、出現してわくわくした。今度も、どうせ、テレビで、何回もやるんだと思いながら、志士雄真実の包帯ぐるぐる巻きが動く好奇心に負けて見てきました。「伝説の最後編」なかなか面白かったですよ。佐藤健の漫画そのもののアクション、楽しかった。これから、是枝裕和の「海街darly 」、山崎貴の「寄生獣」、そして、のだめカンタービレの監督 川村泰祐「海月姫」とか、漫画が、二次元から、三次元になるのが、楽しみな映画が続く。ジャンプ原作と言えば、大根仁の「バクマン」も見たい。新妻エイジ染谷将太ですね。みんな、マンガで育った世代の監督なので、漫画原作を大切に扱って、きちんと細部を描いてくれるので、それなりに楽しめると思う。確かに、映画オリジナルの脚本も大切だと思う。しかし、日本は漫画の国なのだなあ。現実の、現在の日本を色んな角度から描いてくれている。東京人の延長である小津的世界でなく、鎌倉地元民の干物の匂いのする世界を描いた「海街」、今時の貧困女子のサバイバルをちゃかした「海月姫」、見てみたい。私は、マンガの映画化ありだと思ってます。たかが、映画じゃないですか。真剣なあそびを見に行きます。