oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

こういう雨の肌寒い日なので、清水宏が見たい。

今頃の、梅雨寒の季節になると、清水宏の初夏の輝きの中の伊豆の風景を映し込んだ映画がみたくなる。まるで、印象派の絵のように、自然の中で、人のささやきが映し込まれている。

 森の中にある、温泉の川沿いを歩く、若い按摩たちの姿が印象的な「按摩と女」。按摩の幻想のような絶世の美女。

 温泉旅館ののんきで、お気楽そうな、泊まり客の共同生活。そこに現れる粋な女と、純情な傷痍軍人の青年との淡い恋を描いた「簪」

 暗い何かを抱えた、若き日の上原謙が演じたバス運転手と伊豆の山道を行き交う人々との交流。身売りしていく娘、娼婦、山道を造る、朝鮮人労働者の白い民族衣装の集団。みかん畑と海岸線が美しい風景の中で、外にある現実がほの見える。「有りがたうさん」

 

 戦争が始まった、1940年ごろの日常の中での、現実と希望のようなもの。

 

清水宏監督作品 第一集 ~山あいの風景~ [DVD]

清水宏監督作品 第一集 ~山あいの風景~ [DVD]