oohaman5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

ずっと、行きたかった宮島に行ってきました 3

 聖なる山、弥山まで、ロープウェイの駅から、小一時間ほど、歩きます。結構けわしいです。途中、お堂があり、どうやら、1200年ぐらい絶やされない火が焚かれています。弘法大師、うんぬんとありますが、もっと、古くから、信仰されていたのではないでしょうか。元々、船の水を補給するために、人がやってきた土地なのかな。瀬戸内の島々が一望できます。そこをすぎると、

f:id:oohaman5656:20140601095721j:plain

巨石が、現れます。自然の石を、何年もかかって、加工したようです。

f:id:oohaman5656:20140601100057j:plain

頂上です。ここを含めて、宮島なのだと思います。たいへんですが、登ると、心がしんとします。人の少ない日は、野生の猿や鹿にもあえるようです。下に降りると、水が満潮になっていました。水の変化もゆっくりと見たかったなと思いました。

f:id:oohaman5656:20140601111210j:plain

f:id:oohaman5656:20140601111524j:plain

同じ、大鳥居も、水にしたり、船で近づけます。

 参道に向かうと、紅葉饅頭が待っています。色々なお店があり、焼きたてのものが、試食できるのが、うれしかったです。お昼は、冬はカキでしょうが、穴子飯は通年でもあって、甘くて、美味しかったです。ごちそうさま。カフェも、素敵なところが、何軒かあって、人気でした。コーヒーも、このごろは、力を入れているのですね。

f:id:oohaman5656:20140601123529j:plain

 鹿ものんびりしています。もっと、ゆっくりしたなあとも思ったのですが、念願が、かなってよかったです。なんでしょうか。私にとって、島に渡ることや、船に乗ることは、心が安らぐというか、気持ちの奥底にあるというか、気になるのだと思いました。

 

 

 

 旅の鉄道のなかで、読んでいた本。雨について、書かれています。梅雨前の晴れ晴れとした、暑い週末でした。

「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)

「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)