oohama5656's blog

日々の思いを言葉に出来るといいなあと、書いています。

「仲蔵狂乱」松井今朝子  鍛えられた、生き残ったものしか、表現されないもの

 写楽の展覧会

世界から集う「写楽」 特別展「写楽」 東京国立博物館 平成館 特別展示室 2011年5月1日(日) ~ 2011年6月12日(日) WEDGE Infinity(ウェッジ)

で、芝居絵を見た。そのとき、その濃厚な世界を見て、歌舞伎に興味がわいてきた。それで、この連休、この本を読んでいた。

 中村仲蔵のことを知ったのは、最近のことだ。落語の題材にも、なっていたそうだけど、全然知らなかった。その、江戸中期、孤児から、 一代で、大俳優になった「中村仲蔵」の一代記が、この小説だ。

 彼は、江戸時代の歌舞伎の世界って、大変だったんだなあと、感心するくらい、色々ないじめやら、トラブルに巻き込まれる。その中で、芸をきわめ、人を感動させる役者にのし上がっていく。

 

 その泥と汗にまみれてしかできない、新しい物を作り出す活気にあふれた歌舞伎の世界が描かれている。今、芸能の世界が、そんなところ、下賎と言われるところでなくなったのは、いいことだ。だが、鍛えられ、鍛錬された、圧倒的な芸や、人格もなくなったのだなあと感じた。いいとか、悪いとかではない、確かにそこにあったということが、大切なのだと思う。

 仲蔵の師匠である厳しくも暖かくもある、八代目勘三郎、したたかで、野心家の四代目松本幸四郎。歌舞伎界の名優たちの姿もすさまじかった。

 

 

仲蔵狂乱 (講談社文庫)

仲蔵狂乱 (講談社文庫)